ささやかな忘備録

大体舞台、大体推しの現場

「歌い手」の音楽に触れたばんぎゃるが考えたこと

私の周りには様々なヴィジュアル系のバンドのファンの友人がいますが、

集まって話すと頻繁に

「最近自分たちより若いファンの子、少ないよね」「中高生のファン、あまり見掛けなくなったよね」

という話になります。

 

私は最近あまりライブに行かなくなった身ではありますが、それでも周りの話を聞いていても自分の体感でもそう感じます。

勿論若いファンが多いバンドというのは存在するし、全く居ないわけではないのですが

自分が中高生だった頃に比べると随分減ったなぁという気がしています。

 

若いファンが減っているということは必然的に新しくジャンルに流入してくるファンが減るということなので、長い間身を置いてきた側からすると悲しいことです。

 

流行ってないのかなぁ…悲しいね…

話は大体そういう結論で終わりました。

 

でも、実際どうしてなのか、その理由は良く分かっていませんでした。

そんな中、こんな記事を見掛けました。

「この調子だとバンド音楽はあと10年もしないうちに消滅する」

石左さんという方のコラムです。

 

やや極端な書き方をしている部分もあるかとは思うのですが、

内容の核心の部分を読んで、今まで疑問だったことがスッと解決したような気がしました。

 

このコラムのメインとなっている話は、

今までだったらヴィジュアル系を好きになっていたであろう少女たちが人気「歌い手」のファンへと流れてしまっている。

理由はバンドがインターネットと親和性が低いことにあるのではないか、ということでした。

 

それが全ての要因であるとは言い切れませんが、冒頭のような話を頻繁にしていた私は思わず「なるほど、そういうことだったのか」と呟いてしまいました。

 

ただ、理論としては飲み込めたのですが、

「歌い手」の文化が未知の領域である私には「そんなにかっさらわれる程凄いジャンルなのか」ということはイマイチピンと来ないという側面もありました。

 

そんなことを考えていた少し後、何とまあお誂え向きな、というタイミングで歌い手文化に触れる機会が出来ました。

推しが歌い手さんの曲が原作となる舞台へ出演することになったのです。

最初はどういうこっちゃという感じで飲み込めなかったのですが、どうやらその方が数人でやっているプロジェクトの曲がストーリー仕立てになっており、それを歌い手さんが実際に歌唱する音楽+演劇の形にアレンジした舞台らしいと。

どんな雰囲気なのか丸っきり想像出来ませんでしたが、演出家さんも好きな方だし、チケットを押さえて公演日を待つことにしました。

 

そして、先日千秋楽が終わりました。

何度も観劇しましたが、一言で言うと、予想以上にめちゃくちゃ面白くて勢いのある舞台でした。

推しは予想以上にダンスも殺陣も多くて、推しのキレのある動きが好きな私は思わず見惚れてしまったりとか、あまりないタイプの大人な役がカッコ良かったとか推しについての感想は挙げたらキリが無いのですが、

 

この記事ではそれは一先ず置いておいて、触れたいのは

「歌い手」さんの音楽のパワーに私が感じた衝撃です。

 

この舞台では、キャラクターの心情を表現する存在として、歌い手さんが原作の曲を歌うパートがありました。

私は正直原作をチェックせず挑んでしまったのですが(それはどうなんだという感じですが)

まず、曲のカッコ良さに驚いた。

少し怪しげでセクシーな雰囲気を醸し出していて尚且つロック、歌詞もちょっとセクシーな感じ。

若い子はハマるだろうなぁと単純に思いました。

私ももっと若い頃に出会っていたらきっと好きになっていたと思った。

そして、歌い手さん自身ビジュアルも凄く良く、尚且つ歌が上手い。

 

本当に単純に「これはそりゃ持ってかれるわ」と思いました。

少し気になって最近他の人気「歌い手」と呼ばれている方もちょっと見たり聞いたりしてみたのですが、ちょっと影があったり同じくセクシーだったり、勢いがあったりとやっぱり若い子がハマりそうな方々が多くいました。ヴィジュアル系に近い部分も感じました。

顔出しされてる方も結構いて、皆さんビジュアルも文句なしの方ばかり。

 

このレベルのものをインターネットで提示されて容易に触れることが出来る。そしてリアル(ライブ)でも楽しませてくれる。

初めからこの文化に触れてしまったら、インターネットに弱いバンド文化をあれこれ探しに向くことは中々無いだろうな……と正直、思ってしまいました。

 

音楽は勝ち負けではないし、

私はバンド側の人間ではないので口を出すことでは無いのかもしれません。

でも、そちらに多くの人が流れるということは衰退の一途を辿ることに繋がってしまうのは事実だと思います。

文化というのは世代交代を繰り返して繋がっていく側面があると思うのですが、若い世代が来なければ繋げることも出来なくなってしまう。

 

ヴィジュアル系の音楽は本当にカッコいい。

胸を張っておすすめしたいバンドも沢山あります。

自分が大好きな1つの音楽表現のかたちが衰退してしまうのは、やっぱり悲しい。

 

でも、だからといって、目につくようにむやみやたらにインターネットと親和性を高めていくのが生き残る道なのかと考えると、それも違う気がしてくる。

バンドは硬派であれ。リアルに、生に存在するのがバンドなのだ。それがカッコ良さの一部分だ。という考えも凄くよく分かるから、より難しい部分なんだと思います。

 

生であるカッコ良さとインターネット

音楽配信の部分などで、双方を上手く両立させようと頑張っているバンドさんも沢山いると思います。

 

これだ!という解決法を提示することなんて私には勿論到底出来ませんが、大好きなジャンルが、文化が、これから先も勢いを持って続いていくように何か打開策が出来れば…と願ってしまいます。

 

これからヴィジュアル系に、バンド音楽に光がありますように、と祈るばかりです。

これからー続「CLIE」について

前回の記事、本当に沢山の方に読んで頂いているようで恐縮です。

自分と同じ気持ちを抱いている方もいらっしゃるようで、私だけでは無かったのか…と少しホッとしています。

 

この件に関して、私自身も他の方の意見を沢山読みました。

似ていても異なる意見の方もいらっしゃって様々な見解に触れることが出来ましたし、問題点を明晰に書いて下さっている方もいらっしゃって、より問題意識を深く持ちましたし、

CLIE作品を愛していた人たちがCLIEに嫌悪を抱いていく、CLIE作品を観ない決断をしていく様子は凄く胸が痛いし、凄く悲しいです。

 

私は依然として新作には反対ですし、湯澤さんを同じ立場に据えることで起こりうることへの危惧や吉井さんへの不審感、CLIE全体としての動きが何ら無いことへの不審感も募る一方です。

 

ただ、CLIEの作品をこれから二度と観劇しない、という選択は現段階の私には出来ません。

 

前回も書いた通り、私の推しは現段階で出演が決まっている作品があります。

私も既に何枚もチケットを押さえています。

大好きな作品です。

 

作品や、それに関わる原作者さんや演出家さん、役者さんたちに罪は無いです。(そもそも決まった段階ではこんな騒ぎが起こるとは思っても無かった筈です)

友人を連れて観に行くことを告げたら推しはそれは頑張らないと!と言っていました。

魂を込めて役を演じる推しを「見ない」という選択は、やっぱり私には出来ない。

 

だから、それらの作品がこのまま上演される限りは観に行くかな、と思います。

(本当は別所に権利が移るのが一番良いのでしょうけど…急にとなると中々難しいでしょうかね…)

勿論件の作品には、例え推しが呼ばれても行く気はありませんが。

 

でもやはり少し後ろめたさはあります。

大好きな作品と推しを見る機会にこんな気持ちを抱かなければならなくしたこの件を恨みます。

前回も書きましたが非常にアンビバレンスな気持ちです。

 

CLIE側はこの件に関して黙りを決め込んでいるようですが、今後どうなるんでしょう。

早く平穏を返してほしいです。

推しを観てもらう機会を沢山奪われたーCLIEとあの作品について

CLIEの完全新作がもうすぐ発表!

と聞いて「へー楽しみだなぁ」と思っていたのは少し前の私。

 

そして

作品の発表を聞いて思わず

「なんで?」と言ってしまいました。

 

私は作者と作品を割りと離して考えるタイプの人間ではありますが、

これに関してはそうはいきません。

 

性犯罪を犯した人間が

あまつさえ娼婦を題材とした作品を再びプロデュースする

なんて、このご時世にあり得てはならないことだと思います。

 

昔の作品のことは元々知っていましたし、

少し見たこともあって、それらは演技派の俳優陣と素敵な歌のある作品として面白いものであるとは思っています。

でも、いくら昔の作品が面白くても

何もなかったかのように同じ立場を与えて作品を任せようとしているCLIEに、吉井さんに、非常にガッカリしています。

 

吉井さんの言明が出されましたが、

何も根拠の無い「既に反省したと感じる」「再犯の可能性は無いと考える」という無責任な言葉に呆れて何も言えません。

 

私の推しは、CLIEの作品に沢山出演しています。今出演が決まっているものもあります。

いつも素敵な脚本や演出のスタッフさんや他のキャストさんと共に素敵な作品を作り上げて提示してくれています。所謂2.5次元の作品も、他社と色んな面で差別化してくれていてその雰囲気も凄く好きです。

大好きな作品も沢山あります。

大好きな作品を原作とした作品もあります。

推しに出会ったのもCLIEの作品の観劇が切っ掛けです。

 

だから、凄く悲しいし、凄く怖い。

推しが、あの作品に呼ばれたらどうしよう。

これは本当に怖い。早く他のスケジュール出てほしいとハラハラした気持ちでこれから過ごさなければならないのかと思うと苦しいです。

また、例えば推しが出演せずとも、結果として出演した演者の方には、その方がどんなに良いお芝居をしたとしても、彼自身に全く何も非がなかったとしても、きっと何かしらの悪評は囁かれると思います。

そんなこと、あって良いんでしょうか?

 

そして、ツイッターで検索をするとズラズラっと並ぶ「CLIEの作品はもう2度と観ません」という文面。

 

これは、私の推しを知らない人に、推しの演じる素敵な姿を観てもらえる沢山の機会を奪われたのと同じことだと思います。

本当に悔しくて仕方がないです。

 

推しの出演する大好きな作品を作っているCLIEと、犯罪を許容しているかに見えてしまう、糾弾されるCLIE

私の好きなCLIEと、嫌いなCLIE

完全にアンビバレンスです。

私はどうしていいのか気持ちの整理がつきません。

 

考え直してほしいです。

もっと事態を重く受け止めてほしいです。

会社の名前に深い傷をつけていることを自覚してほしいです。

 

舞台上での推しの輝く姿に惹かれる気持ちと、CLIEにお金を落としている嫌悪感

相反する気持ちを持ちながらこれから現場に行くことになると思うと

心が重いです。

 

追記

若干修正しました。

 

私は湯澤さんが社会復帰していくこと事態を否定するつもりはありません。

きちんと罪を償って生きていくべきだと思います。

 

作品自体のファンの方が作品を楽しみにしたい気持ちも否定するつもりもありません。

それは、人それぞれだし作った人間と作品を分けてお考えになる方もいらっしゃると思いますので。

 

でもこの形って違うんじゃない?と思うこと、この発表によって会社の株が急激に下がって推しに損害がいくように思えることに一番憤りを感じている訳です。

「好き」を作ってくれる人へ「好き」を伝えること

私は以前こんな記事を書いた。

 

愛だけでは生きていけないー「応援する」ということに関する意見 - ささやかな忘備録appleringo.hatenablog.com

端的に云えば、クリエイターや俳優に対するお金をかけない言葉だけ、口だけの応援を「応援」と呼ぶのか?「愛」があればそれでも良いのか?ということが少し話題だった時期に、私はそうは思わない。愛だけじゃ応援対象は生きていけないから、対価を払う必要があると思っている。ということを書いた記事だ。

 

この考えは勿論変わっていないし、

最近テレビ番組の影響でハンドメイド商品に対する値下げ要求や心無い声が増加したという話を目にしてこのことを思い出したりもしていた。

でも、最近、それだけじゃ駄目なんだな、と改めて考えさせられたのがある記事との出会いだった。

 

神がジャンル移動した話

大好きな同人作家さんが、別のジャンルに移動してしまう。元ジャンルの方が沢山の人に手に取ってもらえるが、声を掛けてくれる人は少ない。移動先の方が反応を沢山もらえて活力になる。

筆者さんはいつもその作家さんにお手紙を書いていて、移動前にお手紙が支えだった、ありがとうとお礼を言われたというお話だった。

 

この記事を読んで、

チケットなり創作物なりCDなりにお金を出すことは当たり前の大前提として、

加えて、自分の「好き」を作ってくれる人、届けてくれる人にはもっとコンスタントに「好き!」と伝えていくべきだなぁと思ったのである。

私も物を作る側や演奏をしていたことがあるけど、感想とかの声をもらった時、凄く嬉しかった記憶がある。それと全く同じなのだ。

 

記事の筆者さんとは若干状況が異なるけれども、私は主にある俳優さんのファンをしていて、舞台やイベントに行く度に前回の感想や気付いた好きな点をお手紙に書いて持っていっている。

実際に全部読んでくれているのかなんて尋ねたことはないし分からないけど、お手紙を読んで嬉しくなった、元気が出たって書いていたりすることがあるから少しは活力にしてくれているのかな、と思う。

 

あと好きなイラスト作家さんが個展やイベントをする時にもなるべく積極的に足を運んで、在廊している作家さんとお話しして、直接作品の好きな所とかを好きです!って伝えたりしている。作家さんたちは「いつも本当にありがとう」、と言って見送ってくれる。

 

こう考えてみると、私は割りと「好き」を伝えている方なのかもしれない。だから、この「好き」を伝えることをこれからも止めないで、もっとコンスタントにしていきたいな、と思っている。

 

上に挙げた記事の筆者さんと同じように、今度好きな本を描いている作家さんにも本の感想のお手紙を書きたいな、と思ったのだけど、少し前に出された本だから、ツイッターでご本人に「次のイベントで前の本の感想のお手紙、持っていっても良いですか?」と尋ねてみた。

返ってきた答えはこうだった。

「そのお手紙を頂けるようにイベントまで生き抜きます!」

 

張り切ってお手紙を書いて持っていくことにした。

 

 

「量産型」は褒め言葉になったのか?

大学院の研究の関係もあって

女性ファンの文化とかを調べたりすることがあるのだけど

 

最近凄く気になるのが

「量産型ヲタク(量産型オタク)」なる存在である

 

主にドルヲタ界隈*1で使われている言葉のようであり

ネットで検索を掛けると

「私は量産型ヲタクです」といった文言のみならず「量産型ヲタクを目指しています」といった”私はそれになりたい”という意味合いの文言まで沢山ヒットするのである

見たところどうやらヲタクとしてのある一定のファッションやスタイルに関して使われている言葉らしい

 

私はこの状況を知った時凄く驚いたのである

 

何故なら私の中で「量産型」という言葉が表す意味というのは、

外部から見て同じような格好をした無個性な集団を批判したり揶揄したりする

というものだからだ

つまりどちらかといえばマイナスに使われていたイメージのある言葉なのだ*2

 

例えば数年前に流行した「量産型女子大生」なんていうのは量産型という表現が一般に浸透するきっかけの1つであり、上記のイメージをそっくりそのまま表している存在であろう

同じような茶髪の巻き髪、ベージュのトレンチやジャケット、パステルカラーの洋服…といった格好の女子大生がわんさかいて見分けがつかないことを批判して使われた言葉であったと思う

当時自分も丁度学部生だったのでよく覚えている

(現在は上であげた定型スタイルはそう多くは見掛けなくなったが代わりにパンツにスニーカー+リュックの女性が凄く増えたように感じる時期があったりと「定型」がうつろっているだけで量産型女子大生は消えていないのでは?というのも面白い着目点かと思うのだが話が逸れるのでまた別の機会に*3 )

 

まあとにかく

上記のように、ファッションやスタイルにおいて使われる「量産型」という言葉はマイナスイメージの言葉ではないかと私は考えているのである

でも、現在多数のオタクの女性たちが「量産型」に"なりたい"と言っている

 

つまり彼女たちにとっては「量産型」という言葉は褒め言葉であり、憧れの対象であり、

自らにプラスのイメージを付加させるための表現として「量産型」という言葉を使っていると考えられるだろう

 

これは非常に大きな言葉の意味の転換なのではないか?と興味深く感じているのである

 

「量産型」は褒め言葉になったのだろうか?

 

*****

ドル界隈の「量産型ヲタク」と呼ばれるスタイルはリボンを頭につけたり、ふんわりとした洋服を着ていたりと確かにパッと見て「可愛い」と感じられるものだと思う

 

個人的には人とは違う格好をして生きていきたい人間なので、彼女たちの憧れを良く理解することは出来ないのだけれど、

彼女たちの服装が「可愛い」表すものであることは事実だし、「推しの前で可愛い自分でいたい」という気持ちはどこのオタクもきっと一緒なのだろうなと思う

 

*1:主にジャニーズのファンの間で多く使われている模様 でも特徴を見てみるととうちの界隈も似た感じの子を見掛けることが良くあるなと思う

*2:元々の「量産型」という言葉はガンダムの「量産型ザク」が由来となって使われ始めた言葉らしく、試作を経て量産されるロボット等を表す言葉だったようで、イメージにプラスもマイナスも無かった模様である

*3:この量産型女子大生の変遷を上手くまとめてくれている記事を見つけて、面白かったので参考までにリンクさせて頂こうと思う

なぜ女子大生は「量産型化」してしまうのか? 元量産型の女子大生が語る、絶滅した「ガーリー型」の謎と、わたしが量産型になってしまうまで。

ご存じの方もいるかもしれないが

私は今年に入って、当該のバンドから暫く離れている

 

でも昨日スケジュールを見ながら周年は行こうかなとぼんやり考えながら、先行チケットが届いた友人たちの話を聞いていた

 

そんな矢先に起きたことだった

 

友人からの知らせで知った二人の脱退は、一瞬は驚いたけれども

至って冷静に事を受け止めている自分がいた

 

私が最近あまりライブに行きたくないなと思っていたのは、前も書いたように彼らのニーズに自分が合わなくなっている気がしたことも勿論あると思うけど、

 

本当の一番の理由は

どこか壊れていく彼らを見ていたくなかったからだったのだと思う

 

彼らは彼らなりに精一杯活動をしていたのであろうし、そんなことを言われるのは心外だろう

 

でも、私にはどこか投げやりになってきているように思えたし、取り繕っているように見えた部分もあった

無理をしているように感じた

惰性を感じてしまった

 

私は私の中の「好きだったバンド」を、「好きだったまま」にしておきたかった

 

これも今の彼らのニーズに自分が合わないだけだと言われたらそれまでなのだが

 

だから

脱退だから目一杯ライブに行く、ということを私はきっとしないし、出来ない

 

でも

前のバンドに行くのをやめた後、これからどうしようかなーと思っていたときに

私を音楽に引き止めてくれたのは彼らの音楽だし、彼のギターだし、彼らの演奏だし、彼の歌だった

 

彼らに出会ったからこそ、生の音楽を聞く楽しさを忘れられずに済んだし、色んな経験をしたし、知らない場所にも行けた、行く機会を持てた

そして色んな人に出会う切っ掛けも与えてくれた

 

悩み始めたという2年前から今までの間に活動をしてくれたからこそ

今仲良くしてくれている友人たちにも巡り会えた

縁を結んでくれたのは彼らだ

 

それに

私は純粋に彼らの作ってきた、奏でてきた音楽が大好きだ

ライブや活動が自分の追えるものから離れてしまっても

それはこれからも変わらない

ずっと聞き続けると思う

 

だから、ありがとうとさようならだけは伝えに行きたいと思う

「今なら上がれる気がする」-実行と不実行の狭間で

「今なら上がれる気がする」

恐らく、ばんぎゃるをやっている人はかなりの確率で抱いたことのある感情なんじゃないかと思う。(当社調べ)

 

その理由はそれぞれだと思うけど、周りを見ていると「何だか分からないけど物凄く「やりきった」という達成感がある」「バンドに着いていけなくなってしまった」というパターンが多い気がする。

 

私も丁度最近、うすらぼんやりそんな感情を抱いてる所だ。

私の場合は後者のパターンで、あんなに好きだったバンドなのに、まるで興味を引いて伸ばしてしまったみたいに何だか薄く感じてしまうのだ。

これは、そのバンドの内部が外から見ても少しゴタゴタしているように見えたり、何だか前までのガッツが失われてるような気がするという、バンド自体に対する不満というのも一つあると思う。

 

また、何かを素直に受容出来なくなったら自分がその対象のニーズから外れてしまったということだ、という話を聞いたことがあるが、今の私とそのバンドにはそれも一側面で当てはまると思う。

自分はずっと同じじゃないし、バンドもずっと同じじゃない。好みも変わるし、提示するものも変わる。

だから今まで何度か違うバンドを好きになって生きてきた。中には解散、脱退とか不可抗力的なものがきっかけの場合もあったけれども。

 

でも10年近い期間「ばんぎゃるであること」を捨てられそうだな、と思ったことは無かった。

それなのに、今の私は「ばんぎゃるでいることを捨てられるかもしれない」と考えているのである。

 

これは、私が舞台オタクに出戻って、離れる前より大分加速して推しの現場に足繁く通うようになったことも勿論関係していると思うし、元より多趣味な自分の質も関係していると思う。

 

でも、今まではずっとばんぎゃると平行して色んなことをしてきた。

だから単に「重きを置く趣味が変わった」だけでは片付けられない不思議な感覚が自分に残る。

何故なのか自分にも良く分からないのだ。

 

勿論、私は今でもヴィジュアル系の音楽が大好きだ。色んなバンドの曲を日々聞いている。

でも、ライブに足繁く通おうという気持ちは今は無い。CDを沢山買おうという気持ちは今は無い。私の中では今のこのスタンスは「ばんぎゃる」ではないのだ。

 

やはり私は「ばんぎゃるでいること」を捨てようとしているのだろうか?

***

しかし、例え「ばんぎゃるでいること」を捨てる=上がったとしても、その趣味に身を投じてきたことで染み付いた文化や考えは到底消える兆しが見えない。

他の界隈に足を運んでいても、この文化で培われた考えは繁く頭をよぎる。

 

ばんぎゃるは、きっと業なんだと思う。

一度踏み入れれば、完全には抜け出せない不思議な文化だと思う。

 

だから、みんな「今なら上がれる気がする」

と言いつつこの文化に身を置き続けるのであろう。

だから、一度上がった人も、また戻ってきてしまうことが良くあるのだろう。

 

実際私も「今ならばんぎゃるでいることを捨てられる気がする」とぼんやり考えながら

大好きだったバンドが突然復活したりとか限定復活したバンドがまたロックなこと考えてたりとかするから

「このライブは行きたいかも」とチケットを取ってしまったりしている。

一番好きなバンドの音楽もやっぱり好きだからまた行きたいなときっと思うんだろう。

 

頻度は減っても、完全に辞めることは出来ないのだ。やっぱり業だ。

 

結局私は、他の趣味に身を投じても、直接的には「ばんぎゃるでいること」を手放したとしても、根本的には「ばんぎゃる」であり続けるのかもしれない。

 

 

 

*ばんぎゃるはカタカナ表記(バンギャル)また略称(バンギャ)の方が多用されているかとは思いますが、自分自身の在り方にしっくり来るのが平仮名だったので平仮名表記にしています。

*他にも「業」みたいな文化ってもしかするとあるかもしれませんが、私はバンギャルしかイメージにはないのでその部分に関することだけ書きました。