ささやかな備忘録

大体推しの現場にいるけど推しの話は少ない

その他

2次元のヴィジュアル系の「リアル」とはーマシュマロの返信ほか

またまたご無沙汰しています。 ちょっと忙しいなと思ってたら急に人事異動があって、そのまま繁忙期に突入して春になってた。推しの舞台も何作かあったんだけど、最近は丁度昨今のアレで最前が何回分も吹き飛んだので正直暫く何もやる気が起きなかった。 そ…

マシュマロのお返事

寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。 私は推しの舞台期間が終わったあと オンラインでトークしてヤッホーと言われたり WITHの舞台を観に行くなどしていました。 (アサヒのあろまちゃん真似に大爆笑するなどした) さて、だいぶ前に連携してるツ…

好きだったバンドのタオルを台所のタオルにした時

以前から何度か書いているが、 私は元・ばんぎゃるである。 昔大好きだったバンドが最近復活していてたまに見に行くことはあるけど、 もう頻繁にライブに行くことはない。 一番最近まで行っていたバンドは(といっても数年前である) 何となく最近の感じしっく…

「いま、ここ」なコンテンツの力の強さを感じる話

最近特に、世の中において「いま、ここ」感が強いコンテンツがものすごく強い力を持っているな~と感じる。 ここで言ってる「いま、ここ」というのは 特に哲学的な意味とかではなく、 今、この時にタイムリーに展開されていくものとか、すでに出来上がったも…

紙の本の物質性と半永久性にどうしようもなく惹かれる話―デジタル情報の儚さと脆さ

院生の頃、就活をしていた時にそこそこ出版社を受けていたので、 「他でも散々聞いていると思いますが、出版は、紙の本は、斜陽です。」という話を何度も聞いた。面接でも「この時代に何故紙の本に携わりたいと思ったのですか?」というよう質問を何度も投げ…